アスペクト比[16:9]の壁紙を[16:10]のモニタで快適に使う

アスペクト比【16:9】[1920×1080]ピクセルのデスクトップ壁紙をアスペクト比の異なる[1920×1200]ピクセルの解像度を持つモニタで快適に使用する方法です。

現在はアスペクト比が【16:9】のモニタが標準化しているのではないかと思えるほど多いように思います。

私自身も事務所ではアスペクト比【16:10】で解像度が[1920×1200]のモニタを使っているのですが、写真編集専用のマシンはアスペクト比【16:9】です。その解像度は[2560×1440]ピクセルあります。

[1920×1080]ピクセルの壁紙を[1920×1200]ピクセルのモニタで、左右が切れる設定方法で無理矢理(?)使っていたのですが、試行錯誤して(というほど大袈裟なことではありませんが)設定を変えたらとても快適になりました。

個人的な感想としては、これはこれで何の問題も無い、むしろこの方が良いかも知れない、という結果でした。

というわけで、多くの人はご存じとは思いますが、私のように気が付かない人もいるかもしれないのでここに情報を共有しておきます。



アスペクト比[16:10]のモニタで使用する設定

解像度が【1920×1200】など、アスペクト比が[16:10]のモニタで使用するには、管理人が実際にやっている方法ですが、

(1)「個人用設定」画面で背景色を「黒」に指定する

(2)「画面のサイズに合わせる」を選択する

という設定で快適にご覧いただけると思います。

使用例をキャプチャーした画像で確認してください。

特に「タスクバー」に注目です。

タスクバーが背景の黒い部分にあるので写真の邪魔になっていません。個人的にはこの点が気に入っています。

ついでに、ゴミ箱のアイコンも名前のが多少写真にかかっていますが、ほとんど気にならないレベルです。

アイコンの大きさとはいろいろなカスタマイズによっては見え方も異なるかもしれませんが、アスペクト比が【16:9】の壁紙をアスペクト比【16:10】のモニタで使うことで生じる空白部分を生かした設定ではないでしょうか。

というわけで、

アスペクト比【16:10】の解像度が[1920×1200]の壁紙がなかなか見つからないな、と思っている人は是非試してみてください。

私自身は「目から鱗」状態になりました。

カレンダー壁紙を配布しているサイト

無料ワイド高画質壁紙館

自分で撮影した写真をモチーフにカレンダー壁紙を作って配布もしていますが、元々は自分のモニタ上で使うためでした。

配布するとなると、複数のアスペクト比に対応するのはかなり煩雑な作業になるので、最近はワイドタイプのモニタに関してはアスペクト比は【16:9】だけにさせてもらっています。

高解像度のモニタ用としては、[1920×1080]までしか制作していませんが、高画質で作っているので、一段階くらいなら拡大しても問題ないレベルだと思います。

フォローする