イチゴ狩りができるイチゴ農園|ひのいちご園(西条市玉津)

苺が大好きな母のために近場でイチゴ狩りができるところがないかと情報を収集すると、お隣の西条市にオススメのイチゴ農園があるということを知り数日前に行ってきました。

噂に違わず、

(1)甘い! (2)大きい! (3)瑞々しい!

の三拍子揃ったイチゴ農園さんでした。

農園で働いている人たちもとてもフレンドリーで感じが良かったです。

みなさんにもオススメできる農園だと思いますので、情報をシェアしておきます。

愛媛県内、特に東予地方にお住まいなら、お友達たちと、あるいはお子さんやお孫さんを連れてファミリーで行かれたら楽しい一時が過ごせると思います。

ひのいちご園さんのイチゴ狩り情報

◎営業時間

10:00~17:00(受付時間は10:00~16:00)

※ちょうど10時に到着しましたが、すでに10台くらいの車がありました。

イチゴ農園によっては、オープンの時間に行かないと「完熟イチゴ」にありつけないなどということもあるのですが、この農園は施設が広いのでイチゴの数はたくさんありますから、「完熟がなくなる」というようなことはないと思います。

◎定休日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日がお休みになります。)

なんと!、年末年始・ゴールデンウィークも営業しているそうです。

入園料

  • 大人(中学生以上)⇨ 1,600円
  • 小学生 ⇨ 1,100円
  • 小学生未満(2歳以上)⇨ 600円
  • 0歳から1歳児 ⇨ 無料

※予約をしておくと、割引もあるようですが、私たちは知らなかったので恩恵を受けられませんでした。(詳細は園にお尋ねください。)

イチゴの種類

私たちが今回食べたのは下記の2種類だけです。

◎あまおとめ

あまみが強い品種とのことで、案内してくれた従業員さんが「当園の1番人気です」とおっしゃっていました。

一番人気だけあって、栽培面積も広ダントツで広かったと思います。

結果的に、食べたのはほとんどこの「あまおとめ」だけでした。

◎あすか

「完熟になると先の方から白っぽくなっていく」との説明を受けました。完熟すればするほど白くなるということに大変驚きました。

「あまおとめ」を食べているときに、案内してくれた人が、サンプルとして食べ頃の「あすか」を持ってきてくれました。(こういうところも心遣いが細やかだと思いました。おそらく、自分たちが大切に育てている品種をみなさんに味わって欲しいのでしょうね。)

食べた感想は、さわやかな酸味が甘みを引き立てているような印象でした。


他にも何種類かありましたが、名前は覚えていません。次回の楽しみにしておきます。

「あまおとめ」を中心にして、「あすか」を始め他の品種を食べ比べをすると楽しいかなと思いました。

イチゴのお土産

お気に入りのイチゴを好きなだけ選んでお持ち帰りができます。価格は、個数ではなく量り売りで決まります。

入れ物も用意されていますので、必要に合わせて選べます。

小さい透明の入れ物は、イチゴが大きいので6個しか入りません。ちょっと少ないかな、と思われる場合は、箱形のを選ばれるとよいでしょう。

見栄えもよいので、人様に差し上げるにはこちらの方がよいでしょう。

オリジナルのソフトクリーム

私たちはイチゴだけでお腹いっぱいになったので食べることができませんでしたが、美味しそうだったので何だか心残りです。

◎種類 ⇨ いちごみるく 完熟いちご いちごちょこ

あとがき

この農園の良いところは、ハウスが複数あり、一棟のハウスの中も広いので、少々お客さんが立て込んでも「完熟イチゴ」がなくなるのを心配する必要がないことです。

以前に別のところで、お昼頃に行ったら、完熟したイチゴがほとんど無くなっていてあまり食べられなかった経験がありますから、今回農園の規模も大切だなと実感しました。

味も間違いなく美味しいので、その点は安心してお出かけください。


Are you happy with this information?

いいね!とクリックして下さると励みになります。m(._.)m

フォローする

コメント

  1. Matsui より:

    ご無沙汰しています。いちご狩りいいですねえ。私も数年前ですが、子供を連れて近場のいちご園に行きました。やっぱり採れたては最高でした。

  2. YK より:

    以前は松山の方まで行ったことがありますが、灯台もと暗しで近場によい農園がありました。

  3. 西倉美紗子 より:

    体調を崩されていらしたお母様、いちご狩りに同行されたご様子何よりです。
    大きないちご園の様ですね。
    私はもっぱらスーパーで小粒で安価な物を、好みの甘さのジャムにしていますが
    先日は、元職場の後輩たちが食事会に「さがおとめ」をお土産用として持参してくれ、
    頂きましたが、大粒の苺は格別でした。