春の妖精…節分草|山野草

スプリング・エフェメラルとは?

落葉広葉樹林では,夏には濃く繁っていた樹木も冬になる頃にはすっかり葉を落として身軽になる。そして厳しい冬も過ぎ,寒さが和らぎ始める。まだ若葉も出ていない早春から春にかけて,陽射しがよく通り森や林の中は驚くほど明るい。

雪融けとも重なるこの時期,落葉に覆われた林床では,春を告げる植物たちが暖かい陽光を感じながら落葉の下で静かに美しい花を咲かせる準備をしている。

雪がすっかり消えたころ樹林下では,つかの間の春を謳歌するがごとく,花を咲かせるだけの力を蓄えた植物たちはいっせいに蕾を出すと瞬く間に可憐な花を咲かせる。そして,林床は華やかな森の楽園になる。

しかし,儚くも,その花もすぐに終わり葉だけの姿になる。急いで光合成を行うと,その葉も夏が本格的になる頃には枯れ,この早春植物たちは地上からその痕跡を消すことになる。そして,次の年の春先まで一年の大半を,地下茎や球根だけの姿で地中で過ごす。

こういうライフ・サイクルを持つ林床性多年生植物を総称的に,「スプリング・エフェメラル(spring ephemeral)」と呼ぶ。<ephemeral>は emotional words(情緒的な語) の1つで,「はかない,短命の,つかの間の」を意味する形容詞だ。

セツブンソウ(スプリング・エフェメラル)

◎キンポウゲ科 セツブンソウ属

早春,旧暦の節分の頃(3月半ば)に開花するのでこの名があります。代表的な『春の妖精(=スプリング・エフェメラル)』ですね。

花期は2~3月。

石灰岩地域の雑木林の林床に他の花に先駆けて早いところでは2月の半ばから咲き始めるようです。

節分草|スプリング・エフェメラル

photo02

photo23

草丈は5~10cmほど。白い花びらに見えるのは萼が変化したもので普通は5枚で大きさは直径1.5cm前後あります。

花弁は黄色で小さな筒状をしており,先端が普通は2裂し,雄しべの葯は淡紫色をしています。

図鑑の分布情報では「関東地方および中部地方に分布」となっていることが多いようですが,私は広島県の総領町まで遠征し撮影しています。

『節分草(セツブンソウ)』の写真集

広島県庄原市総領町で撮影したセツブンソウを写真集にして下記に掲載しています。

石鎚自然写真館の『春の妖精』:セツブンソウいち(1) セツブンソウ(2)

石鎚山系に咲く山野草・高山植物を撮影しているうちに、山野草そのもにも惹かれるようになり石鎚山系にこだわらず会いたい花を知ると撮影に出かけています。


Are you happy with this information?

いいね!とクリックして下さると励みになります。m(._.)m

フォローする