オールドレンズを楽しむ|Contax RTS Zeiss T*Planar 50mm F1.7+Sony α7R

Carl Zeiss T*コーティングによる圧倒的な描写性で人気を博したヤシカ/コンタックス・マウントの銘レンズの中から,今回は【Planar T*50mm F1.7】を、日本製のマウント(レイクォール)を介してソニー製のミラーレス一眼カメラ【Sony α7R】で甦らせます。

マウントアダプターで甦る CONTAX RTS CARL ZEISS レンズ 50mm F1.7の魅力

スペックを一段落としたこのクラスの普及レンズは、通常は6枚構成だそうですが、このレンズは6群7枚構成で贅沢な設計と言えます。さすがカールツァイスで妥協をしない設計思想です。

最短撮影距離は、プラナー50mmF1.4MMが0.45mに対して、本レンズは0.6mと近接撮影に関しては一歩劣りますが、入手しやすい価格帯のレンズなので仕方ないところでしょう。

Planar(プラナー) T*50mm F1.7|

「ツァイスT*スターレンズの世界 初版」には、次のように紹介されています。

プラナーT*50mm F1.7は、ツァイスレンズ群の中でも特に高い評価を得ているプラナーT50mm F1.4の性能を受け継ぎながら、さらに小型化とお求め易い価格であることを要点に設計されています。6群7枚と、このクラスの明るさではぜいたくなレンズ構成にもかかわらず、軽量コンパクトにまとめられ、しかもT*(スター)多層膜コーティングと相まってコントラストの良いクリアな画像を約束します。遠近感が自然で、くせのない描写ができる一方、背景の扱いやカメラアングルによっては望遠、広角的な効果も得られるこのレンズは、手軽さと応用範囲の広さを持つ常用の一本として、一般撮影や夜間、室内での撮影、また接写、複写などにもご利用いただくことができます。

このレンズは、【Sony α7】シリーズの登場以来、人気上昇中のツァイスレンズの中にあっても手を出しやすい価格帯のようですが、品薄感があるように思います。

興味のある人は、状態の良いレンズに出会ったらためらわずに購入しておいた方が良さそうです。

試写・検証の印象と作例

下記のサンプル画像はリサイズ以外は無編集です。いわゆる“撮って出し”のJPG画像です。

しかしながら、このブログに投稿すると自動的にある程度”圧縮”されるので、厳密な意味での“撮って出し”ではありませんのでご了承ください。

また、このブログでは、生データは5MBまでしかアップロードできませんのでダイレクトにダウンロードはできません。

その代わりに、生データは本ブログの母体である「石鎚自然写真館」の『甦る銘レンズ』のコーナー、Planar 50mm F1.7 に、絞りF1.7~F11までダウンロードできるようにアップしています。

CONTAX (コンタックス) Planar T*50mm F1.7 MM

興味のある方はダウンロード(1枚あたり13~15MBほど)して、モニター上で等倍にして隅々まで観察してみてください。

上記のサンプルは、50mmF1.4の作例と同じく、F5.6での撮影ですが、このようなボケを活かした撮影では見分けのつかない描写だと思います。


Are you happy with this information?

いいね!とクリックして下さると励みになります。m(._.)m

フォローする