野鳥の壁紙館-Yacho Photo Gallery

2016年8月11日に野鳥写真をモチーフにした「野鳥の壁紙館-Yacho Photo Gallery」をオープンしました。

本サイトでは、愛らしい野鳥の写真を簡単に楽しんでいただけるように、高画質で高解像度のデスクトップ壁紙を展示しています。

対象は主に小型の野鳥で、猛禽類などはい今のところ撮影対象にはしていません。

エナガ

山野草でも小さい花に惹かれるのですが、野鳥でもその傾向は同様のようです。

まだ作業中ですが、完成してからも新しい写真が撮れ次第入れ替えたり追加したりして内容の充実を図ります。

同時に、新しい種も撮れれば追加していきたいと考えています。

将来的には、野鳥の写真集や動画も掲載できればという希望もあって、副題として<Yacho Photo Gallery>を付けてあります。

★サイトタイトル ⇒ 野鳥の壁紙館-Yacho Photo Gallery

★トップページ ⇒ http://yacho-photo.com/

モチーフは一眼レフで撮影の野鳥写真

野鳥の撮影は門外漢なのですが、日々のトレーニングを行っているウォーキング・コースで出会った野鳥を撮影するようになって10ヶ月ほどになります。

きっかけは、出発点の池でカワセミを何度か見て写欲をそそられたことでした。

野鳥の撮影は、標高差100mほどのウォーキング・コースの主に復路で行っています。

どのような野鳥に会えるかはその日になってみないと分かりませんが、ある特定の野鳥に出会える確率の高いポイントでは、30分~1時間ほど待つこともあります。

撮影を続けているとだんだんと欲も出てくるものです。

どうしても撮影したい野鳥がウォーキングコースでは撮れない場合は、慣れ親しんだ山に出かけてゆくこともあります。

オオルリ

ゴジュウカラ

オオルリやヒガラ、コガラ、ゴジュウカラは山に出かけていってゲットしました。

相手が野鳥ということでいつも上手く出会いがあるわけでもなく、出会っても必ずしも撮影が上手くいくとは限らず苦労させられています。

まさに”一期一会”の出会いとシャッターチャンスですが、野鳥たちの愛らしい姿や美しい羽色に癒やされながら、バードウォッチングの知識も増やしながら野鳥撮影を楽しんでいます。

そのような努力を積み重ねて、この10ヶ月ほどで30種近くの野鳥を撮影できました。

それらの作品を何らかの形にしたくて野鳥写真を展示するサイトを開設しようと思い至りました。

写真館ではなく壁紙館にした理由

一般的な「写真集」の形式にすると、どうしても観賞サイズが小さくなってしまいますが、壁紙にするとご使用のモニターサイズに合った解像度の壁紙を選択することで、等倍で観賞可能になります。

羽毛の並び方や色合いはもちろんのこと、アップで撮影できたときは野鳥の瞳に映っている景色まで分かることがあります。

私が利用している主モニターの解像度は【2560×1440】で、副モニターは【1920×1200】です。

このくらいの解像度で野鳥のアップの写真を鑑賞すると「自然の造形美」に感動することもしばしばです。

このような感動を共有していただきたく、最高【2560×1440】サイズまで掲載しています。

お気に入りの野鳥写真が見つかりましたら、ぜひダウンロードしてモニター上に壁紙として設定して愛でてやってください。

このような鑑賞方法を考慮して、写真集代わりに壁紙作品で提供させていただいております。

せっかくの壁紙ですから、カレンダー付きの壁紙を望まれる方のために「2ヶ月タイプ」のカレンダー壁紙もタイミングを見て提供予定です。

高品質(高画質&高解像度)優先の壁紙

アクセス解析によって一般に好まれているモニターの解像度の情報を収集し分析した結果、伝統的な【1280×1024】サイズを維持しつつ,主ターゲットをアスペクト比【16:9】の「ワイドタイプ」としています。

作品に関しては、可能な限り高画質で保存していますが,生成された最終壁紙画像のファイル容量は被写体データの内容,つまり何が写っているかによって異なりますが、その大部分は高品質を維持しつつ1000KBの範囲内にあります。

しかし,特別に高解像度のモニター用壁紙としては、ファイル容量は考慮していません。

したがいまして、1000KBを越える作品もございます。

壁紙サイズの種類

標準モニター用の壁紙のピクセルサイズは

【1280×1024】

のみを掲載しています。

多くの液晶モニターの標準となっているワイドタイプのモニター用として、

◎アスペクト比【16:9】は

⇒【1366×768】【1600×900】【1920×1080】【2560×1440】

◎アスペクト比【16:10】は

⇒【1920×1200】

※上のサイズを【1280×800】【1440×900】【1680×1050】用にリサイズ可。

の2種類計5サイズを掲載しています。

合わせて計6サイズを提供させて頂いております。

掲載済みの野鳥壁紙集

2016年8月19日現在の掲載済み野鳥

ご利用上のお願い

本サイト『野鳥の壁紙館』に掲載の壁紙は,PCのデスクトップ壁紙として個人が利用される限りにおいては,ご自由に無料にて使っていただけます。

しかし,著作権までは放棄致しておりません。

また,いかなる条件下でも無許可による2次使用は認めておりません。

写真家の著作権にご配慮をお願い致します。

撮影機材について

野鳥の撮影を始めた頃はNIKON D800Eに【70-300mm】のズームレンズを付けて撮っていましたが、すぐに焦点距離に限界を感じて【タムロン 150-600mm】を購入して使っていました。

野鳥撮影用お手軽超望遠ズームレンズ
鳥の撮影を専門的にする訳ではなく、作品作りというよりはお楽しみ写真、散歩写真を撮るような軽い気持ちで出会った野鳥を撮りたいという場合...

しかし、ニコンマウントとの相性が悪いのか、交換してもらったにも関わらず使用している内に接点不良が起こり、ニコン純正の超望遠ズームレンズ【200-500mm F5.6】に買い換えました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

同時に、ボディ側の限界も感じていたので、野鳥撮影専用カメラとして【D500】を買い足しました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

6月からは、【D500+200-500mm F5.6】の組み合わせで快適に撮影しています。

野鳥撮影最強のカメラとお手軽超望遠ズームレンズ
ニコンユーザーにとって、現時点(2016年7月現在)で野鳥撮影用の最強の機材(カメラとレンズ)と考えられる組み合わせをご紹介します。 ...

最後に…長い目で暖かくm(._.)m

野鳥ごとに壁紙作品を掲載予定ですが、今日現在でまだ10種ほどしかアップできていません。

一通り掲載できるまで、ほとんど毎日のように作業を行っていきますのでどうか長い目で見守っていただければと思います。

野鳥の生態と特長およびバードウォッチング情報なども追加予定していますが、どうしても壁紙の方が優先されますので遅れがちになると思います。

今の作業の進捗状況からすると、カレンダー壁紙の提供は早くて9月分からになると予想されます。


Are you happy with this information?

いいね!とクリックして下さると励みになります。m(._.)m

フォローする

コメント

  1. […] 野鳥の壁紙館-Yacho Photo Gallery2016年8月11日に野鳥写真をモチーフにした「野鳥の壁紙館-Yacho Photo Gallery」をオープンしました。本サイトでは、愛らしい野鳥の写真を簡単に楽しんでいただけるように、高画質で高解像度のデスクトップ壁紙を展示しています。nature-photoartist.com […]

  2. […] 野鳥の壁紙館-Yacho Photo Gallery2016年8月11日に野鳥写真をモチーフにした「野鳥の壁紙館-Yacho Photo Gallery」をオープンしました。本サイトでは、愛らしい野鳥の写真を簡単に楽しんでいただけるように、高画質で高解像度のデスクトップ壁紙を展示しています。nature-photoartist.com […]

  3. […] 野鳥の壁紙館-Yacho Photo Gallery2016年8月11日に野鳥写真をモチーフにした「野鳥の壁紙館-Yacho Photo Gallery」をオープンしました。本サイトでは、愛らしい野鳥の写真を簡単に楽しんでいただけるように、高画質で高解像度のデスクトップ壁紙を展示しています。nature-photoartist.com […]