雲海風景と高山植物の高画質壁紙

梅雨の頃は山行の機会も少なくなりますが、時折訪れる晴れの日に山に行くと雄大な大雲海が見られる可能性があります。また、その頃には標高の高いところでは初夏から真夏の高山植物も観察できることでしょう。

前記事(6月17日)で紹介した雲海の風景や高山植物の過去の作品をモチーフにデスクトップ壁紙を制作することを思い付きRAW現像からやり直しました。

選択したのは、デジタルカメラ移行中にテスト撮りしていた頃の作品です。

今回制作した壁紙はすべて下記に展示しています。

ネイチャーフォト壁紙館 ⇒ URL<http://shizen-kabegami.com

ネイチャーフォト壁紙館は石鎚自然写真館の姉妹サイトです。

山岳写真撮影では石鎚山系をホームグラウンドにして活動しています。

銀塩カメラ時代にデジタル写真館『石鎚自然写真館』を立ち上げましたが、ネット環境も進展しより大きなサイズで作品鑑賞をしていただきたいと思い、デスクトップ壁紙を専用に展示する『ネイチャーフォト壁紙館(旧 自然写真 壁紙館)』を姉妹サイトとして2008年に設け今日に至っています。

梅雨の晴れ間の大雲海

ネイチャーフォト壁紙館では、自然写真を大きく4カテゴリーに分類して展示しています。

山岳自然風景はその中の「山・森・高原」コーナーに展示しています。

主コンテンツなので作品数も一番多く、今日現在で168作品展示しています。

今回制作した壁紙作品は、その中の

山・森・高原の写真をモチーフにした高画質デスクトップ壁紙一覧ページ-No.7

に7点(各7サイズ)掲載しています。


◎瓶ヶ森林道から見る大雲海-1

mountain162-1280sample

◎瓶ヶ森林道から見る大雲海-2

mountain163-1280sample

◎瓶ヶ森林道から見る大雲海-3

mountain166-1280sample

◎瓶ヶ森林道から見る大雲海-4

mountain164-1280sample

◎瓶ヶ森林道から見る大雲海-5

mountain165-1280sample

◎頂上への迂回路を右に分岐した所から振り返る

奥に頂上部だけ見えているのが瓶ヶ森頂上部です。

mountain168-1280sample

◎面河コースの上部にある縦走コースから仰ぎ見る石鎚山頂上

石鎚山の南東側は大雲海ですが、こちら側は時折ガスが巻く状態でした。

mountain167-1280sample


「太陽に向かってシャッターを切る」が私の信条なので、上の2例のように光芒を活用した写真が多いのですが、

光芒写真を成功させるには

(1)光芒が美しく表現できるレンズ&カメラが必要です。
http://nature-photoartist.com/post-1511/

(2)光芒写真を美しく再現できる優秀なRAW現像ソフトが必要です。
http://nature-photoartist.com/post-1661/

雲上の高山植物

ネイチャーフォト壁紙館のコーナーの1つに、「山野草・高山植物」があります。

山の麓から頂上までに咲く”山の花”だけを展示するためのコーナーです。

したがって、標高順に表すと、野の花・山野草・高山植物の作品群ということになりますが、石鎚山は西日本最高峰とは言え標高が1982mなので本格的な高山植物は少なく、山野草が主な被写体になります。

今回制作した壁紙作品は20点ありますが、

山野草・高山植物の写真をモチーフにした高画質デスクトップ壁紙一覧ページ-No.3

山野草・高山植物の写真をモチーフにした高画質デスクトップ壁紙一覧ページ-No.4

に掲載しています。

山野草・高山植物の図鑑情報は下記の記事をご覧ください。
http://nature-photoartist.com/post-2909/


◎ツマトリソウ|褄取草

信州の上高地などでは散策路周辺で見られますね。

wild058-1280sample

◎マイヅルソウ|舞鶴草

wild061-1280sample

◎イワカガミ|岩鏡

wild063-1280sample

◎キバナノコマノツメ|黄花の駒の爪

wild068-1280sample

◎ユキワリソウ|雪割草

wild072-1280sample

◎ミヤマダイコンソウ|深山大根草

wild076-1280sample

◎シコクイチゲ|四国一華

wild078-1280sample

ネイチャーフォト壁紙館の「壁紙サイズ」

ネイチャーフォト壁紙館では、現在一番良く用いられているモニターサイズを優先しつつ、従来のサイズにも配慮し、計7サイズを掲載するようにしています。

現在はワイドタイプのモニター、それもアスペクト比が【16:9】が主流なので、それをメインサイズとしています。

1366×768(アスペクト比 16:9)

1600×900(アスペクト比 16:9)

1920×1080(アスペクト比 16:9)

2560×1440(アスペクト比 16:9)

また、アスペクト比【16:10】用として

1920×1200(アスペクト比 16:10)を提供させていただいております。

1280×800(アスペクト比 16:10)サイズなどのモニターには縮小表示させることで利用できますが、無駄に大きなサイズを使いたくないという方のために「リサイズ可」にしています。適当なソフトでサイズ変更していただければと思います。

従来のサイズとしては下記の2種類を掲載しています。

1024×768

1280×1024


Are you happy with this information?

いいね!とクリックして下さると励みになります。m(._.)m

フォローする