被写界深度「目盛」|撮影術

AF+ズームレンズ全盛となって久しいですが,被写界深度というこの言葉はいまや死語に等しい存在になっているような印象があります。

今回はこの『被写界深度(目盛)』に光を当てようと思います。

そもそも『被写界深度』とは何でしょうか。

一般には、次のように説明されています。

被写界深度(ひしゃかいしんど)とは,写真技術においてピントが合っているように見える領域のこと。理想的な写真用レンズにおいては,ある一つの設定で厳密な意味でピントが合っている場所は,一つの平面上にしかないが,その前後にも十分にはっきりと像を結んでいるように見える範囲があり,その範囲のことを被写界深度と呼んでいる。被写界深度は,ピントが厳密に合っている場所の前後に広がるが,その広がりは撮影者から見て手前側よりも奥側のほうが広い。(出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」】

被写界深度とは?

上記に付け加えると,レンズが広角になればなるほどその深度は深くなります。つまり,広範囲にピントが合うようになります。

昔,スナップ写真が全盛の頃,この分野の写真家は広角レンズの持つ深い被写界深度を利用して,ファインダーをのぞいてピントを合わせるという作業をすることなく(つまり、ファインダーは構図を確定するためだけに使い)一瞬のシャッターチャンスをものにしていたのです。

反対に,望遠レンズでは望遠になればなるほど深度が浅くなるので、ファインダー上での正確なピント合わせが必要になり、意図した一点に焦点を合わせないと鑑賞して気持ちの良い作品にはなりません。

被写界深度目盛

マニュアル・フォーカス(MF)時代の全ての単焦点レンズには,この写真のような被写界深度』を表す「目盛」が付いていました。

MFの時代は,ピントを深くしたい(例えば,手前の花から遠方の山までピントを合わせたい)場合は,この「目盛り」を参考にするのが普通でした。いや,それしか考えられませんでした。

上の画像(35mm一眼レフ用35mm広角レンズ)の例で説明しましょう。

「絞り」を【F8.0】に設定して,5メートルのところにピントを合わせると,概ね2m~∞(無限遠)までピントが合っているように見えることを意味しています。

(ちなみに,私はフィルムカメラで山岳写真の撮影に使うレンズには、最もよく使うF値とピント位置数字の組み合わせを赤色で塗って,使い勝手を良くしたものです。)

ついでながら,無限遠は余裕を持たせるために,このレンズの場合では【F5.6】で深度内に入るようにしています。

理由は、大伸ばしプリントにした際に、山のラインが微妙にピントが甘いのが嫌いなためです。

手前の対象にもっと余裕を持たせたい場合は,距離目盛で調整するか,絞りを【F11】に設定して撮影します。

「基本」絞り値を【F8】に設定しているのは『回折現象(小絞りボケ)』の影響を避けるためです。

被写界深度目盛りを利用した撮影の利点はなんと言っても,撮影時点でピントが合っている範囲を確認できるので安心してシャッターを切れることです。

しかし,銀塩写真時代、AFカメラでAF撮影している風景写真家はどうしているのだろうかといつも疑問に思っていました。そういう写真家によく山で会ったからです。

まして,「被写界深度目盛」が付いていないレンズの場合は、パンフォーカス(近距離から無限遠までピントを合わせること)にしたい場合に確実な方法があるのだろうか,と他人事ながら心配したものです。

ついでながら,パンフォーカスにするアバウトなやり方としては,「前景と遠景の手前から3分の1くらいのところにピントを合わせて,思い切り絞り込む」方法があります。

話を戻すと,

デジタル一眼レフカメラを使うようになったころは、もっぱらズームレンズとマクロレンズだけを使っていましたので,被写界深度「目盛」の有無はあまり気にしませんでした。

ズームレンズの場合は、上記のアバウトなやり方にしたがって、”カン”でやるしかありませんし、接写の場合は深度が浅すぎて「目盛」を使って撮影することは不可能だからです。

問題は,

近い将来、単焦点レンズを使うようになれば、やはりどうしても「目盛」を見て安心してシャッターを切りたいという点にあります。

デジタルカメラでは上記の「小絞りボケ」の影響を受けやすいので、思い切って絞り込むのを躊躇するでしょう。

理想的には、気合いを入れた撮影では,被写界深度「目盛」を利用してギリギリの計算をして撮影したいところです。

ところが、単焦点レンズと言えども、最新の、そして将来のどれほどのレンズに『被写界深度目盛』が刻印されているのでしょうか。

最近の新レンズの発表のニュースを見ていると心寂しく心配にもなります。


Are you happy with this information?

いいね!とクリックして下さると励みになります。m(._.)m

フォローする