石鎚山でよく観察される「ブロッケン現象」とは?

見晴らしのよい高山で,特に日の出と夕暮れ時の時間帯に,太陽を背にして立ったときに,前方にたちこめた霧や雲海に自分の影が投影されて,その頭部を中心に虹色の鮮やかな紅環が発生することがありますが、これを『ブロッケン現象』と言います。

霧の粒子による光の回折現象の1つです。

ブロッケン現象

普通に平地で見える「虹」は,ご存じない方が多いようで新聞などでも珍しい虹として紹介されますが,実は多くの場合2重になっています。

それと同様に,ブロッケンも条件がよくてくっきりと出現するときは2重(時には3重?)になっていることがあります。

遭遇したらよく観察してみてください。

broken02

broken05

broken03

ブロッケンの妖怪|御来迎|山の御光

この現象にはさまざまな呼び名があります。

◎ヨーロッパでは?
ブロッケン現象は,ドイツ中北部に位置するハルツ山地の最高峰であるブロッケン山(1142m)で多く見られるのでこの名があります。

さらに、ヨーロッパでは人や物の影が巨大な妖怪のように投影されて見えるところから「ブロッケンの妖怪」とも称されます。

◎日本では?
日本では「御来迎/ご来迎(ごらいごう)」と称されています。これは仏教に由来しています。

「浄土への往生を願う人間の臨終の際に,阿弥陀仏や菩薩が,その人間を浄土に迎えるために現れる」ことを「来迎」というそうですが,その際に光背(こうはい)を負うて来迎するのになぞらえて,このように呼ばれるようになったようです。

これ以外に,山の御光・仏の御光,英語では「グローリー」などもあります。

◎混用?
「ご来迎」とよく似た表現に「御来光・ご来光」があります。

こちらは元々は「高い山の頂上で迎える荘厳な日の出」に敬意を表して呼ぶ名称であり,まったく別のものだと思うのですが,混用(?)されているようです。

そう思い調べてみると,複数の国語辞典には両方の語義が載っています。それでも,個人的には使い分けをしないと混乱すると思います。

◎霊峰石鎚山では…
石鎚山は日本七霊山の1つですから,それに敬意を表して石鎚では『御来迎・ご来迎』と呼ぶべきなのかも知れません。

しかし,私のサイト「石鎚自然写真館」やブログでは,一般の登山者や写真愛好家に馴染みのある表現ということで「ブロッケン」という言葉を使っています。

ブロッケンを観察するには…

次の3つの条件が必要です。

(1)太陽の光が観測者の背にあったっている
(2)観測者の前方に霧の幕や雲海がある
(3)観測者の影がその霧や雲海に届く程度に太陽の傾きがある

これらの条件が揃いやすいのは見晴らしのよい高山ということになり,ブロッケンの観測証言がほとんどの場合,登山者によってもたらされる理由と考えられます。

私自身,石鎚山のみならず,撮影行に行った夏のアルプスではブロッケンには相性がよいようで必ずどこかで1回は出会いました。

条件(3)についてですが,影が霧に届く必要から「太陽が水平近くにある時に観測される」と解説してあることが多いですが,これは必ずしもそうとは限りません。

つまり,影が霧や雲海に届けば観測は可能なのです。

石鎚では二の鎖や三の鎖小屋辺りの高さにガスが湧いていれば天狗岳から下をのぞくと太陽の位置が高くても影がガスに届きます。

実際,昼間の太陽がまだ高い時に天狗岳から絶壁をのぞき込んでカメラを下に向けて構えて撮影したことがあります。(普通は作品にはなりませんが。)

夏の北アルプスの白馬岳や北岳でも同様にして腹這いになってブロッケンを撮影したことがあります。

ブロッケン現象をモチーフにしたデスクトップ壁紙

石鎚自然写真館の姉妹サイト『自然写真 壁紙館』にブロッケン現象を題材にしたデスクトップ用壁紙を展示しています。よろしければご利用ください。

mountain015-1280sample

mountain014-1280sample

mountain047-1280sample


Are you happy with this information?

いいね!とクリックして下さると励みになります。m(._.)m

フォローする