5,000万画素時代の【Lightroom】ユーザー向けPCスペック

現像ソフト【Lightroom】でデジタル写真を快適に扱うには本当のところパソコンにどれくらいのスペックがあればよいのか?

これは多くのLightroomユーザーが興味をおぼえるテーマでしょう。

この疑問にImpressパソコン工房 のコラボ企画が答えを導き出してくれました。

このレポートには個人的に興味深い検証結果がいくつか記載されています。

例えば、メモリは【16GB】で十分という報告は驚きでした。

写真編集のために【32GB】積んでいる私はオーバースペックでお金の無駄使いをしたのかと少々悲しくなりました。

PCの買い換え検討中の人は必読!

この企画は「5,000万画素超時代を見据えたLightroom向けPCを作る」というものです。

デジカメ Watch の「超高画素のお作法」という特集の中に、「5,000万画素時代のPC構成を考える RAW現像用ハイスペックPCをBTOで組んでみた」という記事があります。

ここでもある程度指針は得られるのですが、コラボ企画の方は『Lightroomユーザー』のために価格性能比の面で最適なPCスペックを探るという点で、我々Lightroomユーザーにとってはより詳細な情報を得られる企画記事になっています。

コラボ企画の流れとしては、PC Watchの担当者、プロ写真家、アドビ・システムズの担当者、パソコン工房の担当者がミーティングを開き理想的なスペックの方向性を探ります。

それを元にして、パソコン工房が試作マシンを作り、プロ写真家が快適性を検証するというものです。

PC

我々にとって最も重要なことは、この企画の方向性が「コストパフォーマンスを重視する」という点です。

下記の言葉にそれが表れています。

ひと口にLightroomの快適化といっても作業によって負荷のかかるパーツが異なる点だ。より負荷のかかるパーツには高速なものを、使用頻度の低いパーツはそれなりのスペックを選択することで、価格を抑えながらLightroomに最適化されたマシンができあがる。何を削り、何を盛るか。そしてそれが実用上体感できる効果となって現われるか、という部分が重要になってくるわけだ。

さらに、一般ユーザーには知り得ない下記のような点も検証してのスペック構成なら投資が無駄になることもありません。

CPUのSkylakeもある程度の性能のGPUを内蔵しているが、検証時点でのIntelドライバではLightroomのアクセラレーションに対応していないため、GeForce GTX 750 Tiを採用したそうだ。GeForce GTX 750 Tiはミッドレンジのグラフィックプロセッサ。これで編集時に申し分ない性能を発揮してくれるなら、コストパフォーマンスの良さが際立つだろう。

「Lightroomのアクセラレーションに対応」しているかどうかなど、ほとんどの写真家にそのような検証ができる知識はないと思われます。

Lightroomの使用を前提にしての検証結果ですから、安心して購入できるのは有り難いことです。

具体的なスペックですが、パソコン工房での検証の結果、「プロフェッショナルモデル」「スタンダードモデル」「エントリーモデル」の3種類のスペック構成が提案されています。

なお、カスタマイズも可能です。

私は【16GB】のメモリを今のマシンと同じく【32GB】にする予定です。

検証結果や実機を使ったプロ写真家のインプレッションが詳細に載っているので、LightroomユーザーでPCの買い換えを検討中の人はこの記事を読まれることをお勧めします。

メモリは【32GB】必要な場合もある!

私はたまたま事務用に使っているPCがグラフィックカードが原因と思われる不具合を抱えているので、写真編集用のPCを事務用にまわして、新しいPCの購入を検討しています。

今は何とか使えているので緊急を要する訳ではないのですが、購入を検討するにあたって最も気になるメモリについてパソコン工房に電話で尋ねてみました。

気になる点は、私の使い方でメモリは本当に【16GB】でよいのかという疑問です。

私は自分の写真サイトにアップするhtmlファイルを同時に何十枚か開いて作業することがあります。

その際に、メモリを【32GB】積んでいる今のマシンでも、全て開くまでかなり待たされます。開くほどスピードが目に見えて落ちていきます。

サポートの人の意見では、【32GB】あった方がよいだろうということでした。

新しいPCはパソコン工房で購入しようと思っているので、その際には私自身も勉強してもう少し詳しく確認したいと考えています。

PCは写真編集だけに使う訳ではないので、みなさんも他に負荷のかかるような使い方をしているのであれば購入前にサポートに問い合わせをするのがよいと思います。

コラボ企画関連記事リンク集

PC Watch 関連

◎5,000万画素超時代を見据えたLightroom向けPCを作る(前編)

◎5,000万画素超時代を見据えたLightroom向けPCを作る(後編)

パソコン工房関連

★パソコン工房のホームページhttp://www.pc-koubou.jp/

★実験工房 http://www.pc-koubou.jp/blog/raw.php

★製品情報(プロフェッショナルモデル) http://www.pc-koubou.jp/pc/model/xsses19ri7knxz-raw_main.php

★製品情報(スタンダードモデル) http://www.pc-koubou.jp/pc/model/xsses19ri5knxw-raw_main.php

★製品情報(エントリーモデル) http://www.pc-koubou.jp/pc/model/xss2ama10kdzw-raw_main.php


Are you happy with this information?

いいね!とクリックして下さると励みになります。m(._.)m

フォローする