山岳写真(紅葉)のデスクトップ用壁紙(ワイド)

瓶ヶ森から霊峰石鎚山を背景に撮影した紅葉風景など、山岳写真をモチーフにしたPCデスクトップ用壁紙を12点新規作成しアップしました。

サイズはそれぞれ3サイズ【1366×768|1600×900|1920×1080】あります。

1366-251wallpaper

解像度が【2560×1440】ピクセルのモニターをお使いの方は、【1920×1080】サイズを拡大表示してお使いいただくことができます。

無料ワイド高画質壁紙館(ネイチャーフォトをモチーフにしたアスペクト比【16:9】の高品質壁紙専門サイト)よりダウンロードできます。

”作品”の説明と壁紙掲載ページ情報

写真をクリックするとサイトの掲載ページ(1366×768)が表示されます。【1366×768】サイズ以外は、一度トップページに戻ってから任意のサイズのトップページにお入りください。

●作品1-ドウダンツツジの紅葉(10月7日撮影)

順光なのでこのドウダンツツジの紅葉がなければ何の変哲も無い風景になるところでした。

1366-244wallpaper


●作品2-瓶ヶ森秋景(10月7日撮影)

氷見二千石原と呼ばれる広大な笹原があります。この笹原を入れて撮影すると、横の広がりだけでなく石鎚山との間に縦の距離感も強調されます。

やはり順光の条件なので面白みはなりですね。

1366-245wallpaper


●作品3-紅葉の瓶ヶ森

瓶ヶ森の男山を見上げたところです。普段はあまり撮影しないアングルなのですが、朝夕などに面白い雲が現れると三角形のピークを生かして撮影します。

今回は紅葉が前景となり紺碧の青空が秋の空気感をよく表しているので記念写真的に撮影しました。

1366-246wallpaper


●作品4-霊峰石鎚山秋景-1

瓶ヶ森から石鎚山方面を撮影する場合は、午後の光線になってからがよいです。

しかし、その分コントラストが強くなるので露出が難しくなります。RAWで現像処理のことを考慮して撮影する必要があります。

1366-247wallpaper


●作品5-霊峰石鎚山秋景-2

ここからが本格的な作品群です。(^^)

“太陽に向かってシャッターを切る”が私の撮影スタイルです。

銀塩時代よりずっとそのように撮影してきました。

とりわけ、太陽を画面の中に入れて撮影することを好みます。

午後後半の光線、逆光耐性の強いレンズ& カメラ、好天気、それを再現する現像ソフトとそれを扱う技術が揃ってはじめて完成する作品です。

1366-248wallpaper

一部の人が好むいわゆる”撮って出し”では、このような逆光風景は撮影したときの美しさを再現できません。

また、今回分かったのですが、元データを2種類のRAW現像ソフトで開くと「光芒」の再現性がまったく異なりました。

これには驚きました。

撮影時の光芒をそのまま再現していたのは今春から使っている【Lightroom】です。(この件に関しては、後日別記事にして報告予定です。)

●作品6-霊峰石鎚山秋景-3

当然のことながら、今回の壁紙作品はアスペクト比【16:9】ですから、上下をトリミングしています。

結果的に、少し上下に窮屈な感じがするかもしれません。

1366-249wallpaper

●作品7-霊峰石鎚山秋景-4

この作品は三脚を使用すると絶対に撮れないアングルです。

1366-250wallpaper

デジタル写真における三脚使用過多について一言。

ここに紹介する逆光の写真を撮っている時に、周辺で何人かのカメラマンが三脚を据えて、何を待っていたのか分かりませんが待機していました。

午後3時過ぎですから夕陽の訳はありませんね。(^^)

最近のデジタルカメラの性能を考えると、昼間の条件で三脚を使用する必要などありません。まして、このような快晴の日になぜ三脚を持ち出すのか私にはまったく理解できません。

銀塩時代、私も三脚は使用していました。しかも、90パーセント以上は使っていたでしょう。

しかし、デジタル機材になってから事情がガラリと変わりました。

その変化について行けない人が多いようです。(これについても近いうちに別記事にしたいと思います。)

某所では、紅葉のシーズンになると、三脚の場所取りでトラブルも起こることがあります。

品性下劣な写真家が集まるとそのようなことが起こります。(情けない話です。)

●作品8-霊峰石鎚山秋景-5

この作品も三脚を使用すると撮れません。

1366-251wallpaper

●作品9-霊峰石鎚山秋景-6

子持ち権現(左)と石鎚山を一緒に写したくてこういう構図になりました。

1366-252wallpaper

●作品10-逆光に輝く笹原-1

この場所は多くの人が撮影ポイントとしているところで、私も昔から笹原が逆光に輝いていると必ず撮影したものです。

この日は別のポイントで撮影予定だったのですが、この場所を通過したときに条件が良かったので何枚か撮影しました。

1366-253wallpaper

●作品11-逆光に輝く笹原-2

別の目的がなければ、ここで夕陽を狙うのも悪くはありません。

1366-254wallpaper

●作品12-氷見二千石原の秋景

ある目的を持ってこの場所でテスト撮影しました。ロケハンです。(^^)

点在するドウダンツツジあるいはコメツツジの紅葉が秋の雰囲気を演出してくれています。

1366-255wallpaper


Are you happy with this information?

いいね!とクリックして下さると励みになります。m(._.)m